HOME > EVENTS > 第9回秋季研究会のお知らせ(2018年10月12日開催)

第9回秋季研究会のお知らせ(2018年10月12日開催)

≪2018年10月15日更新≫
 
アジア国際法学会日本協会は、2018年10月12日(金)弁護士会館において、「投資協定仲裁判断例の論点ごとの傾向分析」をテーマに、第9回秋季研究会を開催いたしました。当日は多くの皆様にご参加をいただき、ありがとうございました。
 
当日の資料は会員限定情報ページに掲載されています。
 


 
第9回秋季研究会

 
今回のテーマは、「投資協定仲裁判断例の論点ごとの傾向分析」です。報告者の方々は投資協定仲裁を専門とされる研究者・実務家ですので、理論と実務の往還についての深い議論を提供できると思います。多くの皆様のご参加をお待ちしています。
 
日時:10月12日(金)18時00分~20時00分
会場:弁護士会館17階1703会議室(大阪弁護士会会議室とテレビ接続)

東京会場:弁護士会館 1703会議室 千代田区霞が関1-1-3
大阪会場:大阪弁護士会館 1104会議室 大阪市北区西天満1-12-5 
 

テーマ:「投資協定仲裁判断例の論点ごとの傾向分析」

 
司会: 
早川 吉尚 立教大学教授
 
報告者:
石戸 信平 西村あさひ法律事務所
卜部 晃史 弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所弁護士
猪瀬 貴道 北里大学准教授
山下 朋子 愛知県立大学専任講師
 
登録申込:こちらより10月9日(火)までにご登録をお願いいたします。*締め切りました
 
 
*今回の研究会は公益社団法人日本仲裁人協会との共同での開催となり、同協会の会員も参加いたします。
 
*研究会へのご出席は、日本仲裁人協会会員、日本協会の個人会員または団体会員ご所属の方に限らせていただきます。
 
*東京会場では、研究会の後に懇親会を開催いたします。
霞ヶ関別亭 桂(弁護士会館地下1階)
会費:5,500円
 
以上