HOME > EVENTS > The Global Annual Conference のお知らせ(2018年7月1日開催)

The Global Annual Conference のお知らせ(2018年7月1日開催)

≪2018.6.8更新≫
 

アジア国際法学会日本協会 2018年度研究大会
 
2018年7月1日
 
早稲田大学 早稲田キャンパス
169-8050東京都新宿区西早稲田1-6-1 14号館

会場へのアクセス

 
大会テーマ:試されるアジアと国際法

今日のアジアは、いずれの分野においてもかつてないほど困難な国際法上の課題に直面している。それはアジアが元来多様である上に、世界的な発展を遂げたことの証でもある。政治、経済、社会、文化における相互の関係が深化、拡大することで、ローカルな課題が、国境を越えて地域的にも、国際的にも複雑に絡みあい、これらを一層、複雑なものとしている。ビジネスのグローバル化、情報ネットワークの進展の中で、世界経済を牽引するまでになったアジアの目覚ましい成長に伴い、国際法や国際制度の成熟も期待されるようになってきている。アジアの地域的な枠組みの中で、国際法はこうした課題にどのように対処することができるだろうか。
 
 
プログラム

 
9:00- Registration (Fourth Floor)
 
9:30-11:15 Session 1: Plenary (Room 403)
Opening Remarks
MOGAMI Toshiki
(Japan Chapter of the AsianSIL, President; Waseda University, Professor)
 
Keynote: Constructive Dialogue for Human Rights: Challenges to Committees, Committee Members, State Parties, and Other Stakeholders
Moderator:
OBATA Kaoru (Nagoya University, Professor)
Keynote Speaker:
OTANI Mikiko (Committee on the Rights of the Child, Member; Otani & Partners, Partner)
Panelists:
YAKUSHIJI Kimio (Committee on Enforced Disappearances, Former Member; Ritsumeikan University, Professor)
ISHIKAWA Jun (Committee on the Rights of Persons with Disabilities, Member; University of Shizuoka, Professor)
  
11:30-13:00 Session 2: Three Concurrent Panels
第一パネル:米国法の域外適用にともない日本の弁護士が迫られる対応 (Room 403)

座長:
古田啓昌(アンダーソン・毛利・友常法律事務所、弁護士)
報告者:
広瀬元康(弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所、弁護士)
腐敗行為防止
原 悦子(アンダーソン・毛利・友常法律事務所、弁護士)
独禁法
山本晋平(古賀総合法律事務所、弁護士)
依頼者と弁護士の通信秘密保護制度
齋藤滋春(デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社、データマネジメントサービスマネージングディレクター)
e-Discovery
 
Panel II: The Future of Regional Economic Agreements (Room 402)
Moderator:
Tony ANDRIOTIS (Hughes Hubbard & Reed LLP, Tokyo Office, Counsel)
Speakers:
NAKANISHI Yumiko (Hitotsubashi University, Professor)
EU Values and Standards in FTAs between the EU and the Third Countries -A Focus on the EPA between the EU and Japan-
Vincent-Joël PROULX (National University of Singapore, Assistant Professor) &
Elsa SARDINHA (National University of Singapore Centre for International Law, Research Associate)
Requiem for a Deal, or the End of American Influence in the Investment Chapters of Asia-Relevant FTA?
KANG Sungjin (Kim & Chang, Advisor)
Standing Investment Court in Asia: A Daydream, or a Possibility?
 
Panel III: International Law in the Past, Present and Future (Room 401)
Moderator:
MOCHIZUKI Yasue (Kwansei Gakuin University, Professor)
Speakers:
WATANUKI Ryo (Osaka University of Economics and Law, Visiting Research Fellow)
From ‘Peaceful Change’ to ‘Regional Politics’: The Legal Structure of Adaptation for Political Realism in Pre-war Japan
John Anthony CARTY (Beijing Institute of Technology, Professor)
The Need for a New Approach to International Legal Personality to Address the Geo-Political and Security Problems of North East Asia
LEE Seo Hee (Korea University, Ph.D.candidate)
An Analysis of the Mandate Regime and Colonialism in International Law
 
 
13:00-15:00 Lunch
 
 
13:30-14:30 ランチョン・セミナー(日本協会会員限定) (Room 407)
タイトル:レジェンドに聞く

インタビュイー:
原 壽(長島・大野・常松法律事務所、顧問)
インタビュアー:
矢上浄子(アンダーソン・毛利・友常法律事務所、弁護士)
 
13:00-14:30 理事会 (Room 405)
 
14:30-15:00 総会 (Room 403)
 
 
15:00-16:30 Session 3: Three Concurrent Panels
Panel I: Trying to Tame a Tiger?: East Asian Perspectives on the US Trade Policy under Trump Administration [日本語質問可/Questions may be asked in Japanese and translated into English] (Room 403)

Moderator:
YOO Hyucksoo (Yokohama National University, Professor)
Speakers:
LEE Jaemin (Seoul National University, Professor)
Loopholes of an FTA?: U.S. Trade Remedy Disputes under the Trump Administration
KOBAYASHI Tomohiko (Otaru University of Commerce, Professor)
Castle in the Sand?: Institutional Issues involving the Intertwined FTA Networks
TAMURA Akihiko (National Graduate Institute for Policy Studies, Professor)
Future of Liberal Trade Order?: The Impact of US Policy on the Regional Economic System Building
 
Panel II: International Organizations from Asian Perspectives (Room 402)
Moderator:
UEKI Toshiya (Tohoku University, Professor)
Speakers:
Adrien SCHIFANO (Hitotsubashi University, Adjunct Assistant Professor (Junior Fellow))
The Contribution of Asian Institutional Practice to the General Theory of International Organizations: An Inquiry in the Criteria for Organization-hood
HATANO Ayako (The U.S.- Asia Law Institute, Visiting Researcher; University of Tokyo, Ph.D. candidate)
Incomplete Socialization of International Human Rights Law? – A Case Study of Racial Discrimination and Hate Speech Dissolution Act in Japan
SHIN Ethan Hee-Seok (Yonsei Law Institute, Researcher)
The UN’s Response to Human Rights Violations in North Korea: Solving a Mystery Wrapped in a Riddle Inside an Enigma?
 
Panel III: Sustainable Development and Law of the Sea (Room 407)
Moderator:
OKAMATSU Akiko (Hosei University, Professor)
Speakers:
Isabelle ROUCHE (Gide law firm, International Dispute Resolution Associate)
Continental Shelf Submissions and Third Party Notifications: The Other South China Sea Case
KOBAYASHI Masanori (University of Tokyo, Ph.D. Candidate)
Voluntary Sustainability Standards (VSS) in Green Building Investment Market
TU Yinan (China University of Geosciences, Senior Lecturer)
International Law Analysis of Risks in Arctic Natural Gas Mining in Perspectives of China and Russia Cooperation
 
 
16:45-18:20 Session 4: Plenary (Room 403)
Filling Gaps in the Implementation of International Law

Moderator:
ABE Kohki (Meiji Gakuin University, Professor)
Speakers:
MATSUDA Hiromichi (International Christian University, Assistant Professor)
The Role of Legislative and Administrative Organs in Implementing International Obligations: A Comparative Analysis
Meltem INELI-CIGER (Suleyman Demirel University, Assistant Professor)
Will the Global Compact on Refugees Address Gaps in International Refugee Law?
Leonardo BORLINI (Bocconi University, Assistant Professor) &
Claudio DORDI (Bocconi University, Associate Professor)
Law and Non-Law in the ASEAN Economic Community
 
Closing Remarks
Speaker:
MOGAMI Toshiki (Japan Chapter of the AsianSIL, President; Waseda University, Professor)
 
 
18:30- Reception (Third Floor, Okuma Kaikan)
Best Paper Award Presentation
 
 
 
<ご案内>

 
 
参加登録

日本協会会員の方は、5月にお送りする返信用葉書にてご登録ください。会員でない方は、本サイトより6月23日(土)までにご登録ください。
 
会員でない方には傍聴料 (1,000円)を申し受けます。ただし、日本協会団体会員にご所属の方は無料です。
 
傍聴料には 昼食および懇親会は含まれておりません。コーヒーブレイクとペーパーのオンラインアクセスは含まれております。
懇親会は大会終了後、18時30分より、会場近くの大隈会館にて開催されます。懇親会には会員、非会員どなたもご参加いただけます。懇親会費はお一人5,000円です。
 
傍聴料及び懇親会費はクレジットカードによる事前決済をお願いいたします。お支払後のキャンセルにつきましては、6月18日(月)まではご返金を承ることができます。
 
 
言語

本研究大会は、一部の日本語セッションを除き英語で行われます。同時通訳はございませんが、ご登録の方はペーパーを事前に入手できます 。
 
 
会場

早稲田大学 早稲田キャンパス 14号館4階 〒169-8050東京都新宿区西早稲田1-6-1 1
 
早稲田キャンパスへのアクセス
・地下鉄東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩5分
・都バス 高田馬場駅 – 早大正門
 
4階の会場へはエスカレーターをご利用ください。
 
 
昼食

大会会場内での飲食はお控えください。昼食をご持参の方は3階ホワイエをご利用ください。大学構内の食堂や店舗は当日営業しておりませんが、会場周辺には営業している飲食店やコンビニエンスストアがございます。
 
 
ランチョン・セミナー

最近シンガポールから帰任された原先生は、国際的な法律業務の草分けとして、長年同分野を牽引してこられました。原先生のご経験談を直接伺える貴重な機会ですので、国際的なキャリア形成にご関心をお持ちの実務家、研究者の皆様のご参加をお待ちしています。
本セミナーは日本協会会員限定企画です。昼食をとりながらのご参加となりますので、ご出席の方はおにぎり等、音の出にくいお食事を事前にご用意の上、ご持参いただけますようお願い申し上げます。
 
 
お問い合わせ

本研究大会についてのお問い合わせは asiansil-jp2018@nifty.com までお願いいたします。