HOME > EVENTS > 第8回秋季研究会(第4回日韓共同学術大会)のお知らせ(2017年10月16日開催)

第8回秋季研究会(第4回日韓共同学術大会)のお知らせ(2017年10月16日開催)

≪2017年9月16日掲載≫
 
アジア国際法学会日本協会は、来る10月16日(月)に、韓国国際取引法学会および日本国際経済法学会との共催により、第4回日韓共同学術大会を秋季研究会として開催することとなりました。
 
本大会は、トランプ政権の通商政策を掘り下げ、同時にハーグ私法条約の注目点を論じて、国際経済法および国際私法のカレントな問題を扱う興味深い内容になっています。日韓両国の研究協力態勢を推進する点でも大きな意義があります。
 
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
 


 
第4回 日韓共同学術大会

 
日時:2017年10月16日(月) 13:00-18:00
場所:明治大学駿河台キャンパス研究棟4階第1会議室

 
13:00 受付
13:30-13:45
日本国際経済法学会理事長 歓迎の辞
韓国国際取引法学会 副會長 祝辞
 
13:45-15:45 1st Session (in English)
Theme: Trump Administration’s New Trade Policy and the World Trading System
Moderator: Prof. YOO, Hyuck-Soo (Yokohama National University)
 
1st Speaker: Dr. YOO, Joonkoo (Korea National Diplomatic Academy)
“Trump Administration’s New Trade Policy and East Asia”
Commentator: Prof. FUKUNAGA, Yuka (Waseda University)
 
2nd Speaker: Prof. NAKAGAWA, Junji (Tokyo University)
“TPP 11 as a means of reviving the TPP after U.S. withdrawal”
Commentator: Prof. LEE, Jaehyoung (Korea University)
 
15:45-16:00 コーヒー・ブレイク
 
16:00-18:00 第2セッション(日韓 同時通訳)
テーマ:「ハーグ国際私法会議における判決プロジェクト」
司会:長田 真里 (大阪大学)
 
第1報告者:鄭洪式 (中央大学)
「ハーグ国際私法会議における外国裁判承認・執行条約 2017年草案の紹介」
討論者: 多田 望(西南学院大学)
 
第2報告者:竹下 啓介(一橋大学)
「判決プロジェクトの現状と課題」
討論者:張志墉(ソウル中央地方裁判所判事)
 
18:30-20:30 レセプション(明治大学紫紺館・会費未定)
 


 
<ご案内>

1. 参加登録:ご登録は10月12日(木)をもって締め切りました。
 
2. 会場への行き方:リバティータワー1階左手奥に研究棟への通路がございます。研究棟に入ってすぐのエレベーターで4階までお上がりください。